住宅サッシにはスペーシアが最適 施工例 9

住宅のペアガラスなら真空ガラス スペーシアです。太子町スペーシア施工例

明治ジャロジー窓のオペレーターを取替えに行きました処、ベアガラスの話になりまして、あっさりスペーシアをご指定下さいました。

2005/10施工


断熱の効果がよく解る真空ガラス スペーシアES。太子町スペーシア施工例

本現場は2003年2月にスペーシアESが発売されてすぐにスペーシアESをお買いあげ下さいました。
娘さんに冬を暖かく過ごさせたいとの思いから、今回は2階の一部屋にスペーシアESを再びご指定下さいました。
こうして、リピートでスペーシアをご指定下さるのはその製品評価が良かったものと存じ上げます。

2006/1施工


結露の発生に効き目を発揮、真空ガラス スペーシア。大阪市内スペーシア施工例

2005/12施工


スペーシアは他の省エネ機器とも相性抜群です。河内長野市の施工例

写真左側はハウスメーカーの両袖コーナー突き合わせ窓ですが、特殊な工法でコーナーガラス部分のアルミ枠がが支持されていた為、 作業には予想外の時間が掛かりました。

コーナーの特に細いガラスは巾が106ミリしかなく、 スペーシアの製造限界外であるのでアタッチメント付のペアガラスをと思いましたが、 アタッチメントをつければ更にガラスが細くなり意匠性が悪化するので元のガラスをそのまま使用しました。
コーナー部分は元々ガラスがストリップでしたが、スペーシアのエッジはストリップのままで施工できませんので、 内外をアルミアングルで保護しています。 もちろん、お客様にはご納得頂いた上での事です。 またお客様は省エネに凄い取り組みをされていまして、トイレと洗面以外の窓は全て真空ガラスになりました。

2007/7施工


2006/01/21/page_open


   

トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12