ギャラリーへのスペーシア施工例

古民家を利用したギャラリーで、真空ガラスをご採用いただきました。今回は木製建具と一緒に取替えたので、雰囲気がガラッと良くなりました。 スリガラスに連子格子のシルエットが映えるようにと建具のデザインも一新されました。とにかく緊張感のない懐かしい感じの趣です。

上は取替え前の写真。
和風に合わない場違いな建具とガラスの柄です。 オーナーはこれが全体の雰囲気をぶちこわしていると、気になっておられ建具とガラスを取替えられました。


写真右は建具とガラスの取替え工事中のものです。
フロアーが軟らかい杉板でしたのでキズ付けぬよう特に気を遣います。

下は施工後の写真、室内の風景が変わりました。 和のテェイストにはマス格子の建具とスリガラスが良くマッチします。
これからの時代を先取りでガラスは真空ガラスをご採用。 往来する車の排気音も小さく、より静かになりました。 もちろんギャラリーの冷暖コストも大きく改善しムダなエネルギーを抑えながら、快適な空間を醸し出します。


オーナーの美意識がよく表れた苔玉の紅葉も瓦で演出。 また裏庭の前栽は本当に静かで落ち着いていて、現在では数少なくなった家屋と庭のマッチした日本情緒がここではことのほか風情を醸し出しています。
そして美術品に目利きのオーナーは気さくで素敵な女性、近くへお越しの方はここでのティータイムはいかが。

二階の建具も取替え、和紙調ガラス妙をはめて、さりげなく茶室の入り口のような雰囲気に。
工事に行った当時、既に雑誌に紹介されて、木の風合いを古風に合わせる着色作業が紹介されていました。 またオーナー自身も新しい建具にベンガラ・柿渋で着色をされ、決して業者任せの工事ではなく、自己参加型の努力と勉強をされるお方でした。





写真下は2回目の雑誌紹介、写真が入稿に間に合わなく取替え前の写真で代用。

ぎゃらりぃ 宗

〒585-0003 大阪府南河内郡河南町大ヶ塚78-3
             TEL 0721-93-8967

2005/08施工


2005/09/24page_open


   

トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12