高い遮熱で夏涼しいスペーシアES 施工例 6

激しい西日から解放、藤井寺でスペーシアESの施工例

スペーシアESの特性である遮熱性能の実力を身を以て知る現場となりました。
9月の施工だったのですが、残暑が厳しく作業中も汗だくになります。
西に面した三連ガラスの窓2つの取替え時に強烈な西日に晒されて作業をしていましたが、 衣服越しにジリジリと暑さを感じる中で、スペーシアESを通した太陽の熱い西日は、 まるで木陰に入った様な印象を受けるくらい、感覚的な涼しさを感じました。
西日の太陽光が透過していて本当は日陰ではないのですが、身に感じる熱は全然違うのです。
本当に遮熱が50%というのはこんなに凄いのかと工事中に実感した次第です。
スペーシア ES 大阪地方はこれで西日の熱で効きにくくなったクーラーも負荷が少なくなり良く効く事でしょう。


南北に面したそれぞれの一窓は軒の影があったりしますのでスペーシアSTをお奨め、 窓庇も無い西面だけを遮熱性能の高いスペーシアにしました。
それにしてもハウスメーカーの装飾窓は組立方法がサッシメーカーとは異なる製品が多々あり、 古いガラスを取り外すのに難儀することが良くあります。
本現場も三連ガラス窓の真ん中にあるガラスの取り外し方が判明せずしばらく悩みました。

2007/09施工


夏の太陽直射熱を半分に低減 真空ガラス スペーシアES施工例

施工前
施工後

ご覧のように窓が連続していまして、施工前は2階3階ともフロートガラス3oがはまっていました。
3階部分は耐風圧強度に少し難があったようですが、スペーシアに代える事により風圧の影響も少なくなります。
正面は南向きで東西面とも日光直射熱がかなり強そうだったので、スペーシアのESタイプをお薦めし、北面のみスペーシアSTの採用をお薦めしました。

特にお施主様の先生は待合室と診療室の窓環境を改善し患者様に快適な医療空間の提供を望まれていたようです。 これで待合室も診療室も夏場の日光直射熱が50%カットされますので一層、快適になりそうですし、 また冷暖のエネルギー効率も相当良くなると期待しています。

ガラスにカッティング文字が貼ってあり、真空ガラスに取り替えた場合カッティング文字は貼り付け出来ない事をお伝えし、 看板文字がガラス面に必要な場合は、このガラスは取り替えずに内側に樹脂サッシを設けて、 真空ガラスを取り付けるプランもありますとの提案も致しました。
しかし、先生は看板文字はタイル面に掲げ、 ガラス面をスッキリさせ視界の妨げにならない様にとのご意向で、タイル面に看板立体文字をステンレス調で設置しました。

2階3階ともに窓コーナーが外はめのFiX窓になっていましたので足場を用意し通常より工事に掛かる員数を増やしました。

特にスペーシアの施工面では工事が安易なメーカーグレチャンは使用せず性能を最高に活かすために全窓コーキング施工の納まりとしました。

そして看板文字については自店で立体文字の製作も可能だったのですが少し忙しくて外注しました。 もちろん当店では看板も取り扱っていますので難なく終了。

最後に当店にとりましても真空ガラススペーシアが皆様の目に触れる事の出来るコマーシャルベースとなる場ですので大変有り難い現場となりました。

平成15年12月完工


瓦の反射熱を和らげる。橿原市で真空ガラス スペーシアES施工例

ご覧のように窓の外は甍の波また波です。
屋根からの照り返しが強く、普通の日射熱よりも真夏になれば、暑くて暑くてと仰っておられました。 もちろん遮熱タイプのESを施工しました。

外側の写真は光の入射角度で強く反射しています。 施工は一ヶ所なのですがカメラアングルを変えて写してみました。

本現場も紹介による施工例です。このところお客様からのご紹介が続いています。やはり製品に満足、施工対応が良かったから、 そういったお言葉を頂くようになりました。
葛城市のY様ご紹介ありがとうございました、この場を借りてお礼申し上げます。

2005/04施工


スペーシアESで結露とカビを抑制、富田林市のマンションでの施工例

富田林でスペーシア真空ガラス施工写真1

本現場は富田林市にあるマンションです。
最初電話帳での業者さんに問い合わせたそうですが、合点がいかない内容での答だったらしく、 当店にお問い合わせ下さいました。
そういえば、現場採寸時に富田林市や河内長野市辺りは、 真空ガラス スペーシアのメーカー認定店がもともと多くない地域だったと思い出しました。

サッシの窓枠を見れば余程、結露がひどいのか窓枠の木がカビで黒くなり湿気の帯びた色が目に入り、 さすがにこの状態を見た私は思わずお客様に小さいお子様がいらっしゃるのでしたら、 このカビは余り良くないですねと申し上げてしまいました。

富田林でスペーシア施工写真2 富田林でスペーシア施工写真3

2007/11施工


2005/04/13/page_open


   

トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12