太陽光発電


リクシルエナジー認定工事店
エネルギーコストゼロを目指して


太陽の恵みで電気を作る

  当店では京セラの工事認定を2008年3月に取得しまして、その年の9月に自宅屋根に3.6KW発電システムを搭載しました。
太陽光発電システムを自店で工事するのはもちろん初めての事で、10月1日から待望の発電開始、 さらに10月にはオール電化工事も行い、エコキュートやIHも自店で設置工事しました。 工事後の比較データを取るのがすごく楽しみでしたが比較データが少しずつ累積してきましたので公開することにしました。

※電気工事につきましては法定資格者が行っています。



太陽光発電とオール電化導入によって従来エネルギーの支出削減効果は絶大なものがあります。
先年当店の屋根にデモストレーションを兼ねて設置しましたが、平成21年11月に年間のデータがそして 22年の年間分も反映されてきましたので経過を表にしてみました。
売電が少ないのは昼間も仕事場の蛍光灯がつけっ放しなのとパソコン等の電源等も入れっ放しで毎時0.7〜1.2Kwの 消費が発電の中から発生していますので、昼間お留守のお家に較べ売電量は少なくなっています。

22年になって売電価格が倍になったため欲が出てきまして、普段外出で無人が多い仕事場の照明をそれまでの 蛍光灯40W×4本を半分に減らして、よりたくさんの売電に務めました。
結果、21年の支出削減は導入前に較べ平均約71%になり、22年は売電効果が大きく反映して導入前に較べ 同様に平均約85%になりました。
そして遂に23年4月は初めて購入代金と売電代金の逆転があって、大変感激しました。
これは僅か380円程度の逆鞘だったのですが、何しろ電気代が丸々タダになった月で本当にビックリと感激でした。

東日本大震災による原発事故で、日本中の電力事情が一変し、また日本だけでなくその信頼性において全世界中が 原発恐怖に震撼したため余儀なく再生エネルギーへの転換を進めなくてはならない状況に追込まれました。
今回の事故が示したように本当は安心出来ない原発には将来に渡り懐疑的です。
でもオール電化の主な恩恵は原発がもたらしたものでしたので、私の胸中は複雑なのも確かです。
いまはとにかく太陽光発電に限らず発電の多様化が叫ばれている時代ですが、太陽光発電が広く各家庭に浸透するにつれて 待望のグリットパリティ効果が出てきます。
その様な時代のためにもスマートグリッドの普及と発電源の多様化そして 蓄電池の低コスト高性能化に期待を寄せています。
本当にこの期に及び、ムリして太陽光発電を導入した事が自身のためだけでなく、これほど電力事情が変ってしまった今は ホンの僅かでも社会に役立っている事を凄く痛感しているのです。

下表は当店の削減実績、当店の屋上からパネルの設置模様を手に触れてご覧頂けますので、ご興味のある方は お気軽に太陽光発電のシステムをご覧下さい。

 導入後一年間の記録。

h19年12月 電気代\16327+ガス代\17464=計\33791
h20年12月 電気代\12492−売電代\2515=差引金額\9977
前年金額\33791−本年金額\9977=節約金額\23814
発電量306 売電量133 買電量822 消費電力量995
 平成20年12月
 初めて比較データ揃う。いきなり約70%削減に驚く

←※発電量・売電・買電・消費電力の単位Kwh
h20年1月 電気代\18198+ガス代\18700=計\36898
h21年1月 電気代\16327−売電代\2214=差引金額\14113
前年金額\36898−本年金額\14113=節約金額\22785
発電量233 売電量89 買電量901 消費電力量1045  
 平成21年1月
 日照時間が極めて短い時期の比較、先月よりダウン
 前年比60%削減に留まり、前月比10ポイント低下
h20年2月 電気代\16598+ガス代\21287=計\37885
h21年2月 電気代\13942−売電代\2435=差引金額\11507
前年金額\37885−本年金額\11507=節約金額\26378
発電量265 売電量113 買電量745 消費電力量897
 平成21年2月
 日照時間が少し伸びているせいか?先月より好転
 前年比70%削減となる、前月比10ポイント増加
h20年3月 電気代\16375+ガス代\19582=計\35957
h21年3月 電気代\12486−売電代\3166=差引金額\9320
前年金額\35957−本年金額\9320=節約金額\26637
発電量404 売電量180 買電量743 消費電力量967
 平成21年3月   日が長くなり売電金額が増加。
 天気の良い日も多かったのかも知れない
 前年比74%削減となる、前月比4ポイント増加
h20年4月 電気代\15899+ガス代\16686=計\32585
h21年4月 電気代\11627−売電代\4184=差引金額\7443
前年金額\32585−本年金額\7443=節約金額\25142
発電量423 売電量198 買電量645 消費電力量870
 平成21年4月   これまで売電金額が最高記録。
 条件の良い日が続き、季節も良かったのが要因
 前年比77%削減となる、前月比3ポイント増加
h20年5月 電気代\19036+ガス代\16805=計\35841
h21年5月 電気代\12765−売電代\3186=差引金額\9579
前年金額\35841−本年金額\9579=節約金額\26262
発電量369 売電量128 買電量663 消費電力量904
 平成21年5月
 パネル温度上昇が発電効率に影響か?チョット残念
 前年比73%削減となる、前月比4ポイント低下
h20年6月 電気代\16863+ガス代\15249=計\32112
h21年6月 電気代\10796−売電代\2410=差引金額\8386
前年金額\32112−本年金額\8386=節約金額\23726
発電量373 売電量129 買電量611 消費電力量855
 平成21年6月   日照時間は最長なのに太陽の
 角度が真上に寄る月なので、入射角が悪化。
 前年比%74削減となる、前月比1ポイント好転
h20年7月 電気代\19926+ガス代\12855=計\32781
h21年7月 電気代\11925−売電代\2266=差引金額\9659
前年金額\32781−本年金額\9659=節約金額\23122
発電量353 売電量109 買電量654 消費電力量898
 平成21年7月  パネル温度が高過ぎ効率悪化
 やはり日照不足か、クーラーの使用が昨年比激減
 前年比70%削減となる、前月比4ポイント低下
h20年8月 電気代\23021+ガス代\9407=計\32428
h21年8月 電気代\11405−売電代\2932=差引金額\8473
前年金額\32428−本年金額\8473=節約金額\23955
発電量376 売電量152 買電量608 消費電力量832
 平成21年8月  今月もパネル温度が高過ぎ
 太陽の入射角がやや回復、先月比でクーラー使用増
 前年比74%削減となる、前月比4ポイント好転
h20年9月 電気代\18243+ガス代\10705=計\28948
h21年9月 電気代\11262−売電代\3948=差引金額\7314
前年金額\28948−本年金額\7314=節約金額\21634
発電量393 売電量180 買電量596 消費電力量809
 平成21年9月  日照は彼岸で3月に近いが
 気温がまだ高いので発電量400Kw超えないのか?
 前年比70%削減となる、前月比4ポイント低下
h20年10月 電気代\15183+ガス代\9720=計\24903
h21年10月 電気代\10832−売電代\2593=差引金額\8239
前年金額\24903−本年金額\8239=節約金額\16664
発電量352 売電量169 買電量659 消費電力量842
 平成21年10月  気候からもう少し発電してもと思うし
 季節的には5月に近いと考えたりするが一概に言えない
 前年比67%削減となる、前月比3ポイント低下
h20年11月 電気代\17492+ガス代\14241=計\31733
h21年11月 電気代\11853−売電代\2661=差引金額\9192
前年金額\31733−本年金額\9192=節約金額\22541
発電量249 売電量111 買電量711 消費電力量849
 平成21年11月  極端な発電量の落ちは曇りの日が
 多かったからだろう、昨年12月発電の方が多かった
 前年比71%削減となる、前月比4ポイント好転


 導入後関西電力の買い取り価格が48円Kw/hになってからの一年間記録。
h20年12月電気代\12492−売電代\2515=差引金額\9977
h21年12月電気代\11443−売電代\4080=差引金額\7363
21年12月\4080−20年12月\2515 売電UP額\1565
 19年12月導入前金額\33791
 h21年12月電気代差引支払金額\7363
 導入前\33791と比較で約78%減と削減額\26428
h21年1月電気代\16327−売電代\2214=差引金額\14113
h22年1月電気代\14026−売電代\6960=差引金額\7066
22年1月\6960−21年1月\2214 売電UP額\4746  
 h20年1月導入前金額\36898
 h22年1月電気代差引支払金額\7066
 導入前\36898と比較で約81%減と削減額\29832
h21年2月電気代\13942−売電代\2435=差引金額\11507
h22年2月電気代\11730−売電代\6672=差引金額\5058
22年2月\5058−21年2月\2435 売電UP額\2623  
 h20年2月導入前金額\37885
 h22年2月電気代差引支払金額\5058
 導入前\37885と比較で約87%減と削減額\32827
h21年3月 電気代\12486−売電代\3166=差引金額\9320
h22年3月 電気代\11425−売電代\5280=差引金額\6145
22年3月\5280−21年3月\3166 売電UP額\2114
 h20年3月導入前金額\35957
 h22年3月電気代差引支払金額\6145
 導入前\35957と比較で約83%減と削減額\29812
h21年4月 電気代\11627−売電代\4184=差引金額\7443
h22年4月 電気代\11410−売電代\8112=差引金額\3298
22年4月\8112−21年4月\4184 売電UP額\3928
 h20年4月導入前金額\32585
 h22年4月電気代差引支払金額\3298
 導入前\32585と比較で約90%減と削減額\29287
h21年5月 電気代\12765−売電代\3186=差引金額\9579
h22年5月 電気代\10427−売電代\9552=差引金額\875
22年5月\9552−21年5月\3186 売電UP額\6366
 h20年5月導入前金額\35841
 h22年5月電気代差引支払金額\875
 導入前\35841と比較で約98%減と削減額\34966
h21年6月 電気代\10796−売電代\2410=差引金額\8386
h22年6月 電気代\9884−売電代\7008=差引金額\2876
22年6月\7008−21年6月\2410 売電UP額\4598
 h20年6月導入前金額\32112
 h22年6月電気代差引支払金額\2876
 導入前\32112と比較で約91%減と削減額\29236
h21年7月 電気代\11925−売電代\2266=差引金額\9659
h22年7月 電気代\11582−売電代\6960=差引金額\4622
22年7月\6960-21年7月\2266 売電UP額\4694
 h20年7月導入前金額\32781
 h22年7月電気代差引支払金額\4622
 導入前\32781と比較で約86%減と削減額\28159
h21年8月 電気代\11405−売電代\2932=差引金額\8473
h22年8月 電気代\11275−売電代\7104=差引金額\4171
22年8月\7104-21年8月\2932 売電UP額\4172
 h20年8月導入前金額\32428
 h22年8月電気代差引支払金額\4171
 導入前\32428と比較で約87%減と削減額\28257
h21年9月 電気代\11262−売電代\3948=差引金額\7314
h22年9月 電気代\12255−売電代\8304=差引金額\3951
22年9月\8304-21年9月\3948 売電UP額\4356
 h20年9月導入前金額\28948
 h22年9月電気代差引支払金額\3951
 導入前\28948と比較で約86%減と削減額\24997
h21年10月 電気代\10832−売電代\2593=差引金額\8239
h22年10月 電気代\11039−売電代\5952=差引金額\5087
22年10月\5952-21年10月\2593 売電UP額\3359
 h20年10月導入前金額\24903
 h22年10月電気代差引支払金額\5087
 導入前\24903と比較で約80%減と削減額\19816
h21年11月 電気代\11853−売電代\2661=差引金額\9192
h22年11月 電気代\12332−売電代\5328=差引金額\7004
22年11月\5328-21年10月\2661 売電UP額\2667
 h20年11月導入前金額\31733
 h22年11月電気代差引支払金額\7004
 導入前\31733と比較で約78%減と削減額\24729


当店の場合、窓にはスペーシアが入っていまして元々窓の熱貫流は少なかった事に加えて太陽熱温水器も元々ありましたので、 太陽光発電を導入するとどの様な結果になるのか楽しみでした。
またエネルギー支出削減効果の高いオール電化も導入しまして、経済的にそれまでのエネルギー事情とは一変しました。
給湯に使用する年間でのガス代が一般のお家より少し多めだったようですが、今度はガスが全廃となって ガスの部分がすべて電力エネルギーへと転換なりました。
結論からは導入コストの掛かる費用は少なくないですが、見返りも少なからず大きいものになっています。 当店の場合、金融機関で借り入れて設置したのですが、借入金利より支出削減分と余剰電力の売電での運用利回りは ずいぶん差が開き、当初でも借り入れ金利の約3〜4倍の運用利回りになってました。
売電価格が以前の倍で48円/Kwになった平成21年11月検針分からは利回換算で5倍余になりましたので、 このため導入コストの回収は当初の見込みより更に短くなります。


ソーラーパネル設置写真01 ソーラーパネル設置写真02 工事写真を簡単に紹介します。
急勾配の屋根での作業、常に気を遣います。 ものを落とせばアウト、下は人も車も往来する府道、いくら防護幕を張っているからと言っても 落とし物は重大な事故に繋がります。 ソーラーパネル完成写真 ソーラーパネルに夕日が当った写真 太陽発電パネルの設置の前にはいろいろ準備がありました。 先ず、自宅の屋根は6寸勾配で傾斜がきつく、架設足場がないと屋根の上を歩けないので太陽光発電パネルを設置する前に足場を仮設しました。
次に元々搭載していました太陽熱温水器を鉄骨建屋の屋上に設置したカーポート(風のリスクを考えて積雪1.5mタイプで頑丈)の屋根に移設したのです。
その後、折角の足場ですからカラーベストの塗装(遮熱タイプの塗料)も行いました。

移設後の太陽温水器、長年に渡り冬季以外はお湯を作ってくれてます。 風が恐いのでカーポートの柱も1200o程縮めた結果ずいぶん屋根の低いカーポートになりました。
太陽熱温水器は屋根の上に貯湯タンクがなく集熱パネルだけです。これはパネルで熱くなった媒体をポンプで循環させ地下にあるタンクで熱交換した後、 再びパネルへ還流する仕組みになっています。

アルミの架台は自店でアルゴン溶接をしました。 ました。 太陽熱温水器アルミ架台の写真拡大部分は自店でのアルミ溶接なのですが、交流TIG溶接での溶接は電流コントロールやパルスコントロールが把握できず苦労したところです。



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12