高断熱ガラスは真空のスペーシア 施工例 7

毎朝日課の露取りが不要になりました。伊丹市スペーシア施工例

割合広いテラス窓がありまして、以前は上下2段に分かれ、上段が透明ガラス腰下が型ガラスでした。
せっかくスペーシアに取替えるのですから一枚ガラスにされた方が視界スッキリとワイドになりますと提案。 一階廻りの主要な窓は殆どスペーシアに取替えました。

築年数はそれほど古くはなかったのですが、建築当時に工務店がペアガラスの存在を教えてくれなかったので、 この数年間は激しい結露に耐えていたそうです。

2005/10施工


高台住宅の寒さも真空ガラス スペーシアで暖かく。河内長野の施工例

本施工例もテラス窓が上下2段に分かれていましたが、一枚ガラスにされた方がスッキリしますとご提案。

河内長野市は山間部の高台に住宅地があるところが多く、お客様宅も高台にある静かな住宅地で、 少し耳を傾けるとはるか下の方から石川上流の石見川のせせらきの音が小さくささやく様に聞こえました。

地形的に冬の冷え込みは大変、厳しいものがあるのではないかと感じましたので、 室温はスペーシアによってかなり下がりにくくなったのではと考えています。

2005/10施工


高効率のエアコンとスペーシアでもっと快適。橿原市での施工例

ご覧の施工例は、結露の問題解決には条件が悪いと現場を拝見した時に即座に頭をよぎりました。

お客様はたくさんの植物を室内で愛でておられます。熱心な愛好家で洋室も和室も植物棚が飾られてました。 スペーシアへの取替え検討で、お話しを伺いました処、やはり結露が凄くてお悩みとのことでした。
建物はRC造りの分譲マンションのため気密性が高く、多くの植物が蒸散する水分は相当量になります。 スペーシアであっても環境湿度に依って結露する可能性を申し上げました。

更にお客様は空調機器を高効率のものに取替えると言うことで、 せっかく良い機器を導入しても窓から熱を逃がしていれば意味がないとの見解で、 居室と和室の窓をスペーシアSTに取替えてから新しい年を迎える運びとなりました。

年が明けて植物とガラス面の結露の関係を知りたく結露の状況をお聞きしましたら、 和室の紙貼り障子がある窓は曇る程度に結露すると言うことで、滴り落ちる事はないとの事でした。 紙貼り障子の窓は空気の対流が遮断され、なおかつ湿度は透過しますので、予想が当たりました。

2005/12施工


2006/01/20/page_open


   

トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12