防犯ガラス セキュオ60こじ破り実験

これが防犯ガラスの中間グレード耐貫通力の実力です。
ガラスこじ破りの達人でも小型ツールでは短時間でこじ破るのはハッキリ言って不可能です。
いくらしぶとく破ろうとしてもドロボーは骨折り損のくたびれ儲け徒労に終わる可能性が非常に高いですね。
実験を見る限り、普通の住宅地にある戸建ての一般住宅ではこじ破り対策でこれ以上のグレードは不必要ではないかと考えたくなります。

数回のコジでヒビは入るのですがそれ以上はコジようがなく打撃とこねくり回しの連続です。息が切れて疲れそうです。
クレセント部分に指を掛けるだけの穴を開けるのに存外の時間を必要としました。

中間膜の厚さ約1.5ミリの実力は写真の通りです。こじ破りを敢行しても時間が掛かりすぎ周囲の人に気付かれて、 ドロボーの手に手錠が掛かるのが先になりそうな気配です。

ホームページでの公開ですので誰が見ているか解りません。悪意の第三者がマネをするかも知れませんので、 これ以上詳しい表現は差し控えさせて頂きます。
当局及び板ガラスメーカー及び各団体より不文律ですが具体的なガラス破りの手法は詳細を公開しない様に暗黙のお達しがあります。


★★注意★★

破壊実験はNet−21の有志のメンバーで行った実際の状況をデジカメで撮影したものであり、 窓の位置や工具その他、不法侵入を犯す人間の技量などの諸条件により変わります。ここに掲載の内容は参考資料とし、結果をなにも保証するものではありません。
またこの実験は破壊を目的としていますので、破壊しやすい条件のもとで実施しました。

注意:このサイトにはリンク及び無断公開しないでください。 如何なる問題が発生しても当店では一切の責任はないものとします。
利用についてのご注意を確認してください。
著作制作は当店だけではありませんので、このページと防犯関係のページへのリンクはお断り致します。
破壊実験の情報にはNet−21グループ共有で所有する権利があります。



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12