強化ガラスの紹介

強化ガラスの強度は同じ厚さであればフロート板ガラスの3〜5倍の強度を有し、フロートガラスよりも熱にも強いです。

基本的にはフロートガラスを熱処理したものを強化ガラスと言いますが、表面が平滑でない型板ガラスの強化もあります。
型板ガラスの強化されたものは表面の凹凸が熱処理時に内部に均質な強化構造を作る事ができず、フロートガラスの強化に較べ弱いです。

強化ガラスの特長はなんと言っても強いと言う事で、衝撃や荷重と熱に対する強度があることです。

ですから、ガラスを厚くして竪框のない強化ガラスドアが作られています。
左の写真のようにパブリックな施設の階段廻りや吹き抜けの手摺りに使用される事も多い例です。

テーブルのガラスとしても有効ですし、何より割れたときの破片が細かいので人体に大きなケガを負わせる事が少ないといえます。
強化ガラスは切断や穴明け及び周辺の加工は強化後は一切できません。

熱処理の他に化学処理した強化ガラスもあり、こちらはケミカル強化と呼ばれています。
ケミカル強化は薬液中に含浸してイオンの作用で強化ガラスになりますが、強化に要する時間が掛かる事や薬液槽の大きさなどが問題となって、 建築用途のガラスには製造されにくいです。
しかし、熱強化よりケミカル強化の方が内部組成が安定している事から、品質はケミカル強化の方がよいようです。

強化ガラスより更に強度が確保され熱に強く設計された超強化ガラスで、用途別に種類があります。カタログに各種紹介されています。

クリアな視界を確保する為に防火のガラス壁や防火戸のガラスとして開発されました。
従来の強化ガラスがテーブルトップや竪框のないガラスドアにも使用できましたが、パイロクリアは周辺を露出させての使用はできません。

もう一枚ガラスを合わせてグレードの高い防犯ガラスにも使われています。

強度は従来強化ガラスの約二倍となっています。

機能ガラス普及推進協議会の強化ガラス

右の画像で強化ガラスの表示マークと強化ガラスの割れた状態を手の上で示しいるものは業界団体で機能ガラス普及推進協議会のウェブサイト 「http://www.glass-town.jp/」から引用したものです。
強化ガラスが解りやすく紹介されています。



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12