窓と入り口の防犯対策

多様化しているのは個人のライフスタイルや生活の情報化といった分野に限らず、空き巣や窃盗にも指折り数えればキリがないほど多様性を見せています。
本当に専門的な防犯アドバイザーが独立したビジネスとして成り立つ時代です。

特に私たちが深く仕事に携わっている窓や出入り口は直接人間が出入りしたりと、住空間と外部の接点になります。
住宅の防犯上では一番に守らねばならない場所でもあり、防犯意識は必然的に高くなります。

そこで、泥棒が本音で明かす狙い易い住居や環境そして泥棒の心理やなんかを紹介します。
気になる所は是非、防犯対策を施しましょう。

泥棒が教える狙いやすい家
泥棒が困ってしまう防犯対策
泥棒が証す泥棒の心掛け
泥棒の本音、侵入を諦める訳

泥棒が教える狙いやすい家

侵入しやすい街並み 複数回答

  • 住宅団地や賃貸住宅中心のまち 53%
  • 雑居ビルが多いまち 33%
  • 古くからの住宅やアパート中心のまち 27%

その理由

【人通りが少なく、人目につかない】56%
【共稼ぎ、独身者が多く留守が多い】36%
【住人相互の面識が少ないので発覚しにくい】31%

どんな建物が侵入しやすいか  複数回答

  • 戸建住宅2階建て 49%
  • 戸建住宅平屋建て 31%
  • 2階建て以下の木造賃貸住宅 31%
  • 雑居ビル 20%
  • 3階以上の賃貸住宅、マンション 13%

どんな塀は侵入しやすいか  複数回答

  • 石、ブロック、レンガ、木製等内部が見通せない塀 91%
  • 高さ2m以上の生け垣 13%

侵入しやすい理由

【姿を見られないから】78%

どんな通路や敷地が侵入しやすいか

【足跡が残らず、足音の出にくい芝生などがよい】
【砂利敷きは足音が響くから苦手である】

どれくらいの階層が侵入しやすいか 複数回答

  • 1階   42%
  • 2階   40%
  • 3〜4階 13%
  • 超高層  2%

その理由

【1階:侵入しやすく・逃げやすい】40%
【2階:捕まりにくい】38%
【超高層:警報・警備が手薄】33%

どのような階段が使用しやすいか

  • 外階段 62%【部外者でも侵入しやい】
  • 全ての住人が使用している階段 16%
  • 個々の住人しか使用しない階段 9%

その理由

【外階段:侵入しやすく、逃げ易く、周囲がよく見渡せる】

侵入するうえで外階段はあった方がよいか

  • 侵入する際の足場になりあった方がよい 58%
  • 外階段と中廊下の間に施錠していないことが多く侵入しやすい 9%
  • 特に何とも思わない 31%

どのようなベランダが侵入しやすいか

  • 中の全く見えないタイプ 62%
  • 格子等で一部が見えるもの 22%
  • 中がほとんど見えるもの 11%
 

資料出典元
警視庁生活安全部講演資料
都市防犯研究センターJUSRI資料より



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12