プラメイク窓の高い遮音効果

ビルの反射音も防ぎます

樹脂サッシと真空ガラス施工写真

現場は堺市でマンション真下に自動車の往来が激しい道路がありまして、しかも高架橋の登り坂と信号が連続、 信号が青でも交差点を越えて高架を登坂するときは、大型トラックはアクセルを噴かせながら登ります。
ところが信号が赤から青に変ると大型なゼィーゼルエンジンがアクセル全開の直噴で高架を登ろうとした時の轟音が 下から上がって来るわ、向いのビルに反射して来るわで、本当にウルサイ環境でした。

さすが堺市は産業用トラックの往来は激しいなと思いながら、お客様にお話しを伺いますと窓から侵入する騒音を もっと静かにできないかとのご相談、窓サッシを拝見すればはまっているのは単板の5oガラスでした。
ところがサッシの換気框の隙間から音がジャンジャン漏れて聞こえます。音漏れの大半は換気框が犯人ですが ガラス面からも相当透過しているようです。

でガラスだけを防音効果のあるものに取替えても換気框から入るので窓を二重にしないと解決しません。と申し 上げ、さらにガラスはコストパフォーマンスで防音と高断熱のスペーシアをお勧めしたのです。

工事はこれまでの現場取付とずいぶん違い、サッシの窓枠がない為に別体で独立した木枠をサッシ際の壁に取付けなければなりません。 壁も床もコンクリートで木枠の支持にアルミアングルを壁に取付けそのアングルに木枠を取付けました。 そして木枠の内側に今回は三協立山アルミ製の樹脂サッシプラメイクを取付けたのです。
取付け後、騒音は激減し本当に静かになり、お客様も在宅の執筆仕事が音に妨げられる事なく進みそうです。

写真は畳の上に乗せて木枠をセットできませんので畳をカットしている様子ですが、畳を寸法にあわせて切断するのは初めてでしたし、 もう一方はジュータンをカットしなければなりませんでした。ジュータンの引っ張り爪をコンクリート床に止めなければなりませんので 高圧のコンプレッサー用の釘打機でコンクリート止めていきました。
この釘打ち機は凄いパワーがあり4.5oの鉄板も貫きますが、43気圧の高圧コンプレッサー同様に便利です。

2008/02施工


樹脂サッシ窓+防音ガラスの効果

止らなかった音がとっても静かになりました。

本現場のお客様は樹脂内窓の単板ガラスをスペーシアに取替えされました。
その施工例はこちらスペーシア施工例17
スペーシア施工例17で、詳しい事情を述べていますが、本現場は他社施工の樹脂内窓+単板ガラスで思ったほど効果がなかっため、 当店が外部アルミサッシのガラスを質量の高い建築用防音ガラスに取替えました。
ソノグラスでも建築用と住宅用がありまして、建築用は住宅用より板厚が厚いので防音効果がより高く、さらに静かになります。

樹脂サッシと真空ガラス施工写真 樹脂サッシと真空ガラス施工写真

他社施工の元々の構成は躯体側アルミサッシ+単板ガラス6.8oと後付樹脂サッシ+単板ガラス6oでした。
お客様から、もう少し遮音効果を上げたいと云う意向を踏まえて考えましたが、既に元々の構成でもずいぶん静かになってはいるのですが、 そこは人間の感性で、私には効果ありと感じてもお客様のニーズはもっと静かにと云うことです。
写真でご覧の様にこの窓は外部のガラスを網入りの防音ガラスにしました。これは厚さが10.3oもあり効果に期待できます。
後付樹脂内窓サッシのガラスは6o厚は取替えずそのままにしましたが、これは樹脂サッシのメーカーに問い合わせた結果、重量的に 耐えられないと云うことで、当店は使ったことのないメーカー品が取付けられていました。
それにしても他の施工業者はお客様の要望を何故しっかり聞かなかったのか不思議です。

2008/04施工



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12