おそらく合格しているかと.....。

去る日曜日に受験の家庭の省エネエキスパート試験の標準解答がホームページ上に発表されたので早速解答を照らし合わせてみた。

正しい解答が示されるその前に
実は合否が気になるので自分の解答の正誤をテキストから裏付けていたのだが、課目Ⅰと課目Ⅱは集中してテキスト査読の功を奏して80点以上を確認していた。
ところが課目Ⅲの住宅の省エネルギーにかかわる問題は関連の仕事に従事している事から、全くテキストを開いていなかった事が見事に反映して回答の正解率が最悪だった。
80点に届いていない。
しかも平成25年 省エネルギー基準等が出題されているので所持している古いテキストには解答が示されていない。
他にも同様に新しいテキストでないと記述されていないと思われる出題についての正誤を裏付けることができない事から最悪は落伍の覚悟をしなければならない。
内心は穏やかではなかったので、どこかに正しい回答例がないかと本日調べていたら公式ページに掲載されていたので、持ち帰った試験問題に書き込んだ自分の解答と照合してみた。
自己の採点と結果は変わらず、課目Ⅰと課目Ⅱはともに80点台をキープ、合否の悪い結果が懸念の課目Ⅲを恐れながら照合の結果、77点と80点を割ったが及第のようである。

公式ページによると、3課目すべてにおいて2/3以上程度得点された方を合格とします。となっているのでマークシートの解答用紙にご記入がない限り合格を確信した。
(しかし、2/3以上程度得点とはねぇ、100点では66点とするのか67点とするのかあいまいだなぁ)

受験者に電力系が郡を抜いて多いのが判る。続いてガス系・石油系の後に建築系となっているが建築系がちょっと少ないように思う。

syouene

これでやっと心が落ち着いた感がするのです。

spaciadesuyan の紹介

2012年11月開設のこのブログ主は1955年生まれのオッちゃんです。 1999年から続いている当店のWebページはhttp://www.hatadagls.com/で HTMLとPHPの併用ですべて自身で編集していますが、ホームページ運営も時代の変化について行けず そのため今じゃ陳腐化が否めません。 ブログは2004年以来の事で、当時は簡易なブログを開設したのですが、 連日多量のスパムリンクの書込みに閉口して、約半月で閉鎖以来ブログから遠ざかっていました。 取得した公的資格は、二級ガラス技能士・バルコニー施工・第二種電気工事士・PV施工技術者認定・家庭の省エネエキスパート・ガス機器設置スペシャリスト・足場の組み立て等作業主任者等、メーカー認定は真空ガラス スペーシア(日本板硝子)・窓シャッター電動化(ソムフィ)・SR工法工事士(三協立山アルミ)・ソーラー施工士(リクシルエナジー)その他等々、です。 趣味はガラスサンドブラストやレーザーマシンによる加工などがあります。 因みに創業は1982年9月で、かれこれ30年を越えました。
カテゴリー: 省エネ関連   タグ:   この投稿のパーマリンク