久し振りのスペーシア突き合わせ

コーナー出窓の突き合わせFixで久し振りにスペーシアの施工があったので写真と説明を載せておこう。
現場は西宮市の高台で南東方向に梅田都心~大阪湾岸のロケーションが広がり、実に見晴らしの良いお家だった。
スペーシア突き合わせ納まり断面図例
tukiawase

先ず、古いガラスを撤去しその後にスペーシアを取付けるが、通常のガラス突き合わせはその部分のガラスコバ(切断小口)が変な光り方をするのを避けるため面取り及び断面を平滑に磨いたもので施工するものである。
しかし、スペーシアはそうはできない。
スペーシアのエッジは2枚重ねの段違いのような断面構造であるためコバを平滑にすることが不可能である事と非常にデリケートな真空の封着部を露出させるわけには行かないのでガラスエッジの封着部保護のためカバー材が必須となる。

実際の現場写真①スペーシアを取付けた状態でこれからシーリング等の作業へと進む
tukiawase_1

写真②外部にエッジカバーを取付けた後、内側シーリング作業中の状態
tukiawase_2

写真③養生テープを外した状態で内部エッジカバー材を取付けるまで
    しばらくシール材を固まらせる
tukiawase_3

写真④エッジカバーを取付けた外観の状態
tukiawase_4

写真⑤3時間程度放置(他の作業をする)の後、内部エッジカバー材を取付けている状態
tukiawase_5

スペーシアの突き合わせ施工は過去4~5例あるのですが、施工中の写真は初めてとなります。
住宅用サッシのコーナー突き合わせは室内からのガラス施工となりますが、通り柱が邪魔でスペーシアの取付けがやりにくい場面で、通常のガラスならエッジがサッシの金属部分に触れても別段気にもなりません。
ところがスペーシアはカラスエッジの封着部を欠けさすと大変な事になりますから、最大限に注意を払いながらの施工となり通り柱を回避しながら、変な角度までガラスを倒しつつ、すこしひねりつつ、しかも施工者も力のいれにくい態勢での取付けに少々腕の疲れと気疲れがあります。
これがビル用ならば柱の存在がないので施工の難度は全然違うものとなりやりやすいのですが.....。
なにはともあれ無事取付け完了。

spaciadesuyan の紹介

2012年11月開設のこのブログ主は1955年生まれのオッちゃんです。 1999年から続いている当店のWebページはhttp://www.hatadagls.com/で HTMLとPHPの併用ですべて自身で編集していますが、ホームページ運営も時代の変化について行けず そのため今じゃ陳腐化が否めません。 ブログは2004年以来の事で、当時は簡易なブログを開設したのですが、 連日多量のスパムリンクの書込みに閉口して、約半月で閉鎖以来ブログから遠ざかっていました。 取得した公的資格は、二級ガラス技能士・バルコニー施工・第二種電気工事士・PV施工技術者認定・家庭の省エネエキスパート・ガス機器設置スペシャリスト・足場の組み立て等作業主任者等、メーカー認定は真空ガラス スペーシア(日本板硝子)・窓シャッター電動化(ソムフィ)・SR工法工事士(三協立山アルミ)・ソーラー施工士(リクシルエナジー)その他等々、です。 趣味はガラスサンドブラストやレーザーマシンによる加工などがあります。 因みに創業は1982年9月で、かれこれ30年を越えました。
カテゴリー: 真空ガラス スペーシア, 薄型断熱ガラス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク