カーポート工事

久し振りにカーポートの工事をしました。三協アルミのカムフィNex Rと云う製品を採用。
ご覧のように工事前の軽量鉄骨の車庫は波板も痛みが激しく、写真では見えませんが鉄も錆びており、四本の支柱の内一本は柱の埋込み部分で腐蝕が激しく消滅していました。
carport1

既設物を撤去して新しいカーポートのアルミ柱を独立して建ててコンクリートで固めておいたのは、協力業者の土木屋さんが先に柱を起しておいてくれればよいとの事でしたのでそうしました。しかし、手間から考えるとアルミ柱位置にボイド菅を先にセットしておきたかったのですが、よく考えるとそれではアルミ柱廻りのコンクリート量が確保できないので、土間スキ取りと生コンを型枠に流し込む前にアルミ柱を建てたのです。
carport2

重機で土間のスキ取りをして貰っています。
carport3

型枠に生コンを流し込んで土間天も仕上げて貰いました。
carport4

後日カーポート本体の組立です。脚立の上方向に遠景で二上山が見えていますが、実際は写真で見るよりもっと近くに見えます。また現場付近からは山に向かって緑と地形が織りなす景色が割と良いものでした。
carport5

電柱が邪魔をしていますので、余計な切り欠き変形をして電柱を回避した処です。
carport6

仕上がり、土木屋さんの談では思惑よりたくさんの生コンが必要だったとかですが、奥のアルミ柱は石垣の立ち上がりが約800㎜と結構高いので生コンの量は多い方が強度的には嬉しいのです。
carport7

spaciadesuyan の紹介

2012年11月開設のこのブログ主は1955年生まれのオッちゃんです。 1999年から続いている当店のWebページはhttp://www.hatadagls.com/で HTMLとPHPの併用ですべて自身で編集していますが、ホームページ運営も時代の変化について行けず そのため今じゃ陳腐化が否めません。 ブログは2004年以来の事で、当時は簡易なブログを開設したのですが、 連日多量のスパムリンクの書込みに閉口して、約半月で閉鎖以来ブログから遠ざかっていました。 取得した公的資格は、二級ガラス技能士・バルコニー施工・第二種電気工事士・PV施工技術者認定・家庭の省エネエキスパート・ガス機器設置スペシャリスト・足場の組み立て等作業主任者等、メーカー認定は真空ガラス スペーシア(日本板硝子)・窓シャッター電動化(ソムフィ)・SR工法工事士(三協立山アルミ)・ソーラー施工士(リクシルエナジー)その他等々、です。 趣味はガラスサンドブラストやレーザーマシンによる加工などがあります。 因みに創業は1982年9月で、かれこれ30年を越えました。
カテゴリー: アルミ製品   タグ: ,   この投稿のパーマリンク