雨戸一体サッシの取替例

通風性を確保できるガラリ雨戸と真空ガラスを組み合わせたサッシ取替え工事例です。

河南町S邸

写真左は取替え前のものです。
取替え工事中は左下〜右下へと順次、進んで行きます。
掃き出しテラス窓と窓の2窓同時取替え。
お隣のお客様が当店の工事を気に入って下さり、本現場をご紹介下さいました。
昭和50年前後に建築されたダイワハウスの建物で、写真にはありませんが実際、外壁はアスベストが含まれているかも知れませんので 掃除機で厳重に吸引しながら、窓の解体しました。

この窓のお部屋は和室でしたがついでに壁クロスを張替える事になり、内外とも変わりました。
今回は三協アルミのガラリ雨戸をテラス窓にご採用いただきました。
なるべく快適に日々の生活をお過ごし頂ける様に、 そして省エネルギーの為にもガラリ雨戸と真空ガラスの組合わせはトータルライフに掛かる光熱コストを軽減する事でしょう。
また雨戸を閉めたまま通風が確保できる事は夏の暑い時期にクーラーを掛けなくても良いし、 もっと暑くなればクーラーを掛けても真空ガラススペーシアが冷気を逃しません。
もちろん、冬も暖かく窓ガラスから熱を逃さず、結露も解消です。

2窓同時に2005年11月に工事しました。



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12