シャッター雨戸へ取替え施工例

電動シャッター雨戸で開け閉めラクラク。

羽曳野市   M邸

ご高齢の方のお住いで縁側の外は良く手入れされたきれいなお庭です。
雨戸の開け閉めが重く、お年寄りには重労働でした。
今回、通風性のある電動シャッター雨戸に取替えました。
スイッチを押すだけで好きな位置に止めることが出来ますし、なんと言っても閉めた状態でも少しの採光でき、通風性もしっかり確保出来ます。
もちろん、ピッタリ全部閉めることも出来ます。

雨戸はランマ下迄でしたので、ランマ部分を塞いでシャッターBoXを取り付けることにしました。

戸袋を撤去、外壁の下地を作ります。

次にランマを塞いでシャッター取付面の不陸を直しますが、これが結構、手間を食いました。

壁付け電動シャッターはメーカー責任施工品でしたので、専門の職人さんにお任せです。

右上と左の写真は出来上がった状態です。
ご覧のように閉めた状態でもすだれかよしずを立てたような感じで外の様子も昼間なら確認できますし、 これでガラス障子を開けて網戸にすると防犯性も高く自然通風が確保できます。
ランマ部分がなくなったのは少し残念ですが、サッシを丸々取替えても庇の高さ制限で結局おなじ様な仕上がりになりますので、 雨戸のみの取り替えが正解でした。

この現場は昨年このテラス窓を熱線反射ガラスに取替えさせて頂いた現場です。

これで開閉操作も通風も道路からの視線防止も更に向上しましたので、お客様はご満悦のご様子でした。

今回は施工時間が一日では無理でしたので、二日にまたがりました。 一日目は雨戸や戸袋撤去と外壁の補修でシャッター取付の下地をしました。
二日目はシャッターの取り付け工事と、壁面の補修部分にペンキで色を合わせて塗装しました。

面格子取付け カギの増設 防犯ガラスに取替え

ガラスの割替や取替も。
テーブルのガラス・鏡・各種板ガラス



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12